Webデザインが学べるコミュニティを作りました!

Webデザイナーをしていて辛かったことや辞めたかったときの話

masaca(@masaca_dApps)です。

制作会社でWebデザイナーをしていて、辛かったことや辞めたいと思ったことは何度かありました。
自分の思ったような成果が出せなかったり、理想と現実のギャップに苦しんだ時期にそういったことを考えたりしましたね。

「Webデザイナーの仕事って過酷で大変!」と感じている人もいるかと思いますが、実際にやってみるとそう特別なものではありません。
経験を重ねるとWebデザイナーを目指して頑張っていた頃とは、また違う悩みが出てきます。

これからWebを仕事にする人が、どんなことが辛くて辞めたいと感じるのか参考にしてもらえればと思います。

masaca

経験を重ねると現実的な悩みも出てくるんだ。

思ったようにデザインができない辛さ

Webデザイナーになりたての頃はスキル不足で思ったようなデザインができず、ダサいデザインになってしまうことについて悩んでいました。
同期のデザイナーと比べても、全然デザインができない自分が情けなくて苦しかったです。

Webサイトのトップページからデザインをまかされたときも、どうしても自分が納得のいくデザインをすることができず「このまま会社から逃げたい!」なんてことを考えたりもしました。

誰かに責められたりすることはなかったのですが、初心者のWebデザイナーの頃はとにかく自分で自分を苦しめていましたね。

好きな仕事ができない

これもデザイナーならよくある悩みだと思います。
自分がやってみたいデザインというものがあるのですが、仕事だと自分がやりたいデザインというものは都合よくまわってきません。

退屈な仕事内容だったり、更新などのルーチンワーク、デザイン性の求められない案件などはクリエイティブ志向の強いデザイナーなら転職を考えてしまうでしょう。

私自身はそこまでクリエイティブ志向は強い方ではないですが、案件の内容が自分からかけ離れたテーマのものばかりを担当することが多かったので、会社を変えてもっと自分が楽しめる内容の仕事がしたいなと思っていました。

たまに面白そうな仕事が入ってきても、新人の頃は自分に仕事を選ぶ権限もなかったのでチャンスに恵まれませんでしたが、長くいるとやりたい仕事もやれるようになってきたのでこの悩みは続けているうちに解消しました。

スキルアップができない

ここからはWebデザイナーとして経験を積んでからの悩みです。

会社でやっている仕事をひととおりこなせるようになり、社内の人に質問をしなくても自己解決できるようになると「このままここにいても成長できないかも?」と考えるようになりました。

いつも同じようなことをやっていたり、経験で上手に物事を解決できてしまうので、新しいことにチャレンジしなくなっていた自分に焦りを感じてきたのがWebデザイナーになって4年くらいたった頃です。

特にそういうことに何も感じない人は逆にずーっと長く続けられると思います。

管理職になって、デザイン制作ができなくなった

▼こちらの記事にあるように立場が変わって、仕事内容が社内の調整だったりデザイナーのスケジュール管理がメインになると、デザイン制作の比率が減ってしまいました。

Webデザイナーがフリーランスになるには何年かかる?実体験を語ります

「自分はデザイナーなのに全然デザインをしていない・・・。」という悩みから、これでは退職をして別の会社に行った方がいいのではないかと考えるようになりました。

Webデザイナーにとってデザインの仕事ができなくなる、というのは致命的ですね。
きっとこの理由で辞めた人は多いかと思います。

収入が上がらない

直接Webデザイナーの仕事とは関係ありませんが、ある程度長く勤めていても収入が300万円代から上がることがなく、将来への不安も感じるようになってきました。
特にWeb制作会社などは小規模の会社が多いため、現実的な問題で転職を考える人は多いと思います。

私自身も、Webデザイナーになった頃は20代で若かったので「収入よりもやりたい仕事やスキルアップできる環境がいい!」と考えていましたが、お金は大事ですしそもそも正当な報酬がもらえるのか疑問を持つようになりました。

フリーランスに挑戦したくなった

最終的にフリーランスに挑戦してみたくなりました。

会社ではやりたい仕事もできないし、スキルアップや収入も期待できないのでとりあえずフリーランスやってみる???という気持ちが湧いてきました。

自分が会社で身につけたことは外の世界でも通じるのか、もし全く通用しなかったら「別の制作会社でまたコツコツ頑張るか・・・。」くらいの気持ちで私はWeb制作会社を退職して、現在もフリーランスを続けています。

まとめ

Web制作会社で会社員として働いていた頃は、新人Webデザイナーの頃は自分のスキル不足で辛くて辞めたいと感じることが多かったですが、経験を重ねると仕事内容や収入、将来のことを考えると何度か辞めたいなと感じるようになりましたね。

新しい環境に踏み出すことはとても大変ですが、経験を重ねた上での選択ならこれまでとは全く違う環境で活躍できるチャンスかもしれません。
私は思い切ってフリーランスに挑戦してみてよかったと思っています。

masaca

人それぞれいろんな悩みがあるけど、仕事内容と収入が一番大きなポイントだね。
挫折してしまうWebデザイナーの4つの特徴と原因 Web業界に新卒で入社するなら、大企業とベンチャーのどちらが良い? Webデザイナーとして生き残るために意識しておきたい8つのこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA