Webデザインが学べるコミュニティを作りました!

Webデザイナーになるには独学とスクールどっちがいい?メリットとデメリット

masaca(@masaca_dApps)です。

デザイン未経験からWebデザイナーになるには、独学でスキルを身につけるかスクール・専門学校・職業訓練校などの学校に通うか悩んでいる方は多いと思います。

どちらの方法でもWebデザイナーになることはできます。それぞれのメリットとデメリットを現役Webデザイナーの立場から解説したいと思います。

masaca

自分にあった学習方法でWebデザイナーを目指そう!

独学でWebデザイナーになる場合

独学でWebデザイナーになった人は、スクールに通った人に比べると少数ですが制作会社でもフリーランスでも見かけます。

本人次第のところが大きいですが、共通しているところは早い段階で現場で経験を積んで身につけているという点です。

独学には、向き不向きがあります。限界を感じた場合は、スクールを検討してみると良いと思います。私の場合は、自分が独学に向いていないことが初めからわかっていたのでスクールに入学しました。

独学のメリット

お金が節約できる
何といっても一番のメリットはお金の節約ができるところです。
スクールの場合は数十万円の受講料が必要ですが、独学の場合はPCとAdobeソフトと必要な書籍を揃えればすぐに始めることができます。

自分のペースで勉強できる
スクールではカリキュラムに合わせて学習する必要がありますが、仕事の都合でうまく学習が進められないことがあります。

独学であれば、自分にあったペースで無理なく学習を進めることができます。(怠けてしまわないように注意が必要ですが)

スクールよりも短期間で仕事にできる
基本的にはスクールは卒業までに半年以上かかりますが、独学であれば集中して勉強すれば自分次第でもっと早く技術を身につけることが可能です。
とにかく早くWebデザイナーに転職したいという場合も独学は大きなメリットです。

オススメは雇用形態は問わず、早めにバイトや契約社員としてWeb制作会社に入ってしまうことです。仕事にしてしまうことがスキルを身につけるには一番重要です。ものすごい勢いで成長することができます。

独学のデメリット

学習を継続するモチベーションが保つことが難しい
独学では、よほどの強い意志や楽しさがなければ学習を挫折してしまいがちです。
どこかのタイミングでやる気を失ってしまったり、ダラダラしてしまい一向に学習が進まないのはよくあるケースです。

仕事が忙しくなり、学習から一度離れてしまうと再開することが困難になります。

質問できる人がいない
独学の場合、本を使って学習していてわからない部分が出てきたら全て自己解決しなければなりません。
人に聞けばすぐに解決するような問題も、余計に時間がかかって効率的に学習が進められないことがあります。

Twitterを活用すると誰かが答えてくれることもあります。

目標設定がしづらい
Webデザイナーに求められる技術は広範囲です。
全てを身につける必要はありませんが、どんな技術をどれだけ身につければWebデザイナーになることができるのか、独学では判断が難しいです。

「Webデザイナーがどういった職業で具体的にどんな仕事をしているのか」や「自分がどんなWebデザイナーになりたいか」といったことを知らなければなりません。
Webデザイナーの仕事内容を徹底解説!会社のタイプによる違いも紹介 Webデザインを勉強するなら知っておきたいWebデザイナーの4つタイプ デザイン未経験のWebデザイナーがアシスタント業務から正社員になるまでの流れ

自分の技術レベルがわからない
独学を続ける中で、ある程度できるようになったとしても経験や知識のある人に見てもらわなければ、仕事に通用するレベルなのかがわかりません。
特にデザインに関しては自分で判断するのは難しいので客観的な視点が必要になります。

面接を受けた際に評価をしてもらうか、ネットに公開して経験者の意見を求めたりする方法もあります。

スクールに通ってWebデザイナーになる場合

現状Webデザイナーは、スクールや専門学校に通ってから仕事にする場合が多いです。授業料を支払う代わりにたくさんのメリットがあります。
環境が良ければ一定のレベルまでは独学よりも到達しやすかったり、業界とのつながりもできるので就職にも有利です。

ただし、せっかく通っていても上手に活用しなければお金を無駄にしてしまうこともありますので注意しましょう。

スクールに通うメリット

一緒に学ぶ仲間ができる
スクールに通えば、同じようにWebデザイナーを目指す仲間ができます。
周りの頑張っている姿を見ることで、学習のモチベーションを保つことができたりわからない部分は教えあったり、問題を共有することができます。

最大のメリットは卒業して、Webデザイナーになった仲間たちがいろんな会社で活躍するようになってからです。
他の会社のリアルな話が聞けたり、転職を考えているときなどは紹介で入ることもできます。
フリーランスになっても、仕事を依頼されることがあったり、Web業界にいる限りはいろんなところで助けになります。

私自身もこういったメリットがあることはスクールを卒業してからずいぶん経った後にわかったことです。
この点に関しては、授業料以上のメリットがあったと今でも感じています。

現役のWebデザイナーから現場の技術が学べる
スクールの場合、多くの場合講師は現役のWebデザイナーや、ある程度有名な人が担当することがほとんどです。
本だけでは勉強できない、実際の業務に即した実践的な内容を授業で学ぶことができます。

自分の作品をプロの目から評価してもらうことで、自分の技術がどの程度なのか把握でき、Webデザイナーとして就職するにはどうすれば良いのか具体的に知ることができます。

業界とのつながりができる
人材を探しているWeb制作会社はスクールに出入りしていることが多いです。
また、交流会や勉強会も積極的に行われており生徒と会社がつながる機会があります。

仕事を紹介してもらえる
スクールのスタッフや、講師が頑張っている生徒に会社を紹介したりすることはよくあることです。
紹介などの場合は自分で就職活動をするよりもスムーズに進む場合が多いため、スクールならではのメリットです。

技術よりも真面目にコツコツ取り組む姿勢を評価してくれることがあるので、在学中は人柄を見られていることも意識しましょう。

スクールに通うデメリット

授業料が必要
一番のデメリットはお金がかかることです。スクールに通うには数十万円の授業料が必要です。
十分に活用できなければ、お金を無駄にしてしまうこともあります。

スクールや講師によって授業のレベルが違う
スクールや講師によっては最新の知識や設備でなかったりすることがあります。
資料請求や1日体験をして、学習環境をしっかり確認したりするなど下調べをしましょう。

講師のレベルは高くても、自分とは相性が合わない可能性もあります。

独学も必要
スクールに通って授業を受けているだけで、簡単に技術が身につくわけではありません。
学習期間が半年程度と考えても、Webデザイナーとして即戦力になるような技術を身につけるには短いくらいです。

しっかりとした技術を身につけるには授業と並行して、本を購入して独学をすることも必要になってきます。

まとめ

独学とスクール、どちらの方法でWebデザイナーになることは可能です。

独学はスクールに通うよりもお金がかからず早く仕事にできる可能性もありますが、やはり大変です。

スクールは上手に活用すれば、金額以上のメリットとして返ってきます。人と交流を持ったり講師に質問したり、とにかく積極的に学ぶ姿勢が重要です。
私はスクールに通ってWebデザイナーになりました。今もそのときのつながりは大事にしていて、制作会社のときもフリーランスになってからも、とても助かっています。

それぞれのメリットとデメリットを把握して「自分がどちらが向いているか」や、「学習期間や予算」などから考えてみてください。

masaca

masacaはスクール見学にいって体験をしてみて決めたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA