Webデザインが学べるコミュニティを作りました!

Webデザイナーは会社員とフリーランスはどっちが良い?メリットとデメリット

masaca(@masaca_dApps)です。

Webデザイナーは会社員として働くだけでなく、リモートワークや、フリーランスとして独立するなどさまざまな働き方があります。
私は制作会社で5年Webデザイナーとして働いたあと、フリーランスになりました。

将来はフリーランスをやってみたいと考えている方のために、制作会社もフリーランスも体験した私が感じるメリットやデメリットについてまとめました。

会社員に向いている人の特徴や、フリーランスに向いている人の特徴についてもわかる内容にしましたので参考にしてください。

masaca

これで自分にどっちの働き方が向いているかわかるよ!

会社員Webデザイナーのメリット

フリーランスを経験すると、会社員のWebデザイナーのメリットは多くあることが実感できます。会社員Webデザイナーで良かったと感じた部分をまとめます。

デザイン未経験からWebデザイナーとして成長することができる

なんといっても一番のメリットは自分にスキルが身につくことです。
会社に入ってしまえば、未経験の状態から仕事を通して急激に成長することができます。
デザイン・コーディングスキルはもちろんですが、制作スケジュールなどの管理能力や、問題が起きた時にどのように解決するのかといった能力を養うことができます。

社内で情報交換ができる

デザイナー同士で最近のWebデザインのトレンドや、技術の動向について情報交換ができます。
また、デザイン表現の手法など具体的なテクニックも共有ができます。
自分のアンテナを張っていない部分の情報まで手に入ることは大きなメリットです。

また、社内のプログラマやディレクターなどそれぞれのプロフェッショナルがいると、さらにその人たちから専門的な話を聞くことができます。
第一線で活躍するプレーヤーから気軽に話を聞くことができるのは、会社員の大きなメリットです。

大規模案件に携わることができる

数千万〜億単位のプロジェクトを手がけることができるのは、会社員Webデザイナーの大きな醍醐味です。
日頃自分が使っているようなWebサイトやWebサービスを自らの手でデザインやコーディングができる喜びが体験できます。

このような大きな実績を会社員Webデザイナーは多く残すことができます。

技術書が会社負担で購入できる

多くの制作会社では欲しい技術書は会社に言えば買ってくれます。定期購読している書籍もあるので、情報収集しやすい環境が整っています。
プログラマがいれば、デザイン以外の技術書も見ることができるので他分野の知識も学習することが可能です。

仲間の助けを借りることができる

自分の案件が炎上した場合、周りの仲間が助けを借りることができます。
また、「デザインはできるけどイラストが苦手」といったデザイナーはイラストが得意なデザイナーにイラストを描いてもらったり、といったことも可能です。
自分の苦手な部分を補い合うことができるので、制作物のクオリティを高めやすいです。

会社員Webデザイナーのデメリット

デメリットをデメリットと感じなければ、会社員としてはとても働きやすいと思います。
時間やお金を気にせず、Web制作を楽しめる人ならそこまで気にする必要はないかもしれません。

仕事を選べない

会社員なら当たり前ですが、自分の仕事を選ぶことはできません。
ときにはつまらない仕事や、不本意なやり方で仕事を進めることもあります。

また、会社の意向で制作だったはずが部署移動でディレクターになったりする可能性もあります。選択の自由が制限されることは不安やストレスにつながります。

働く時間が決められている

当たり前ですが毎日決められた時間に出勤しなければなりません。
Web制作の現場では残業は当たり前で、ときには長時間労働も覚悟しなければなりません。決められた休みがあり、好き勝手に休むことはできません。

一緒に働く人が選べない

上司や同僚などの人間関係は仕事においてとても重要です。
自分と合わない考え方の社風だった場合は非常にストレスがたまります。
自分の力ではコントロールできない部分なので働いてみないとわかりません。

給料が安い

会社によりますが一般的にWebデザイナーの給料は安いです。私はデザイナーチームのリーダーでしたが300万円代でした。
スキルを高めても、その職場にいるトップデザイナーの給料が安ければ昇給は望めない可能性があります。

masaca

仕事は選べないけど、職場の仲間と切磋琢磨できる環境はスキルの向上や達成感を感じることができるよ。

フリーランスWebデザイナーのメリット

場所・時間にとらわれない自由な働き方ができる

働く時間や場所は自由です。自宅を仕事場にすれば、通勤時間はゼロです。
暑い時や寒い時も快適に仕事をすることができます。
自分で仕事量をコントロールすれば、好きな時に休むこともできますし、買い物や病院にいつでも出かけることができます。
自己責任ですが、誰からも指示されることなく全て自分でスケジュールを組むことができます。

仕事を選ぶことができる

やりたくない仕事や苦手な仕事は断ることができます。
仕事を断るというとネガティブに取られがちですが、フリーランスは時には仕事を断ることは重要です。

無理して仕事を受けるとストレスを抱えたり、トラブルの原因になるので複数の仕事を抱えているときは慎重に判断しなければなりません。
体調を壊してしまって状況がさらに悪くなってしまう可能性もあります。

金額やスケジュールが自分の許容範囲でなければ上手に断ることも必要です。

人間関係のストレスが無い

無理に苦手な人と仕事をする必要がなくなるので、人間関係のストレスはゼロになります。
自分の仕事観と合う人と組むと、とても仕事がスムーズに進みます。

自分次第で収入を増やすことができる

こなした仕事の数だけ収入を増やすことができます。
高単価の仕事であれば、労働時間を減らしても会社員時代より稼ぐことができます。
基本的にWeb制作会社は長時間労働で給料が安いので、フリーランスで同じ時間働けば収入はかなり上がります。

フリーランスWebデザイナーのデメリット

基本的にフリーランスのデメリットは自由の代わりに全て自己責任というところです。
もともと自立した考えをもっているのなら、そこまでデメリットではないかもしれません。

収入が不安定

固定給ではないので、毎月の収入は変動します。
継続案件を複数持つことで安定させることは可能です。最近はクラウドソーシングでも継続案件が多いので、最初のうちは上手に利用すると収入を安定させることができます。

定期的な仕事の確保が必要

フリーランスの交流会や、仕事を通して知り合った同業者や制作会社から一定の仕事を確保しなければなりません。
現状仕事は多くあるため、一度仕事を問題なくこなせばリピートで仕事を頼まれることが多いです。
仕事で信頼関係が構築できれば、営業はほぼ必要ありません。

情報収集にコストがかかる

会社員とは違い、書籍は自己負担で買わなければなりませんし、情報は自ら取りに行かなければなりません。
定期的に仕事の時間とは別に情報収集や勉強を行う必要があります。

孤独になりやすい

フリーランス仲間や普段から交流のある知り合いや友人がいないと、孤独になりやすいです。
孤独になると仕事にも悪影響が出てきます。周りの人をこれまで以上に大事にして上手な付き合いをしなければなりません。

masaca

自由だけど自己責任。収入も自分次第!自由なことはプライスレスと感じるならフリーランスがオススメ。

Webデザイナーは会社員とフリーランスはどっちが良い?

会社員とフリーランスは一概にどちらが良いかといったことは決められません。
なぜなら人によって仕事において重視しているポイントが違うからです。

場所も時間も縛られずに働けることに強い魅力を感じるならフリーランスですし、常に安定した収入や周りの人とコミュニケーションしつつ仕事を進めることが好きなら会社員が良いという感じですね。

会社員Webデザイナーが向いている人

  • お金以上のやりがいを仕事に感じている
  • 周りの人と常にコミュニケーションしながら仕事がしたい
  • 金額よりも安定した収入が欲しい
  • 人に指示された仕事を進めることが得意

フリーランスWebデザイナーが向いている人

  • もっとお金を稼ぎたい
  • 好きな人と好きな仕事がしたい
  • 好きな時間・好きな場所で働きたい
  • 人に指示されるよりも、自分の思った通りに仕事を進めたい

働いているうちに自分も変化する

私はもともと人見知りで、自信もないほうだったので自分がフリーランスになって働くことになるなんて考えてもみませんでした。

しかし、制作会社で働いているうちに少しずつ自分の成長を感じて「ひょっとしたらできるかも?」という気持ちが芽生えてきました。
働いているうちに自分の考えが変わっていくこともあるので、やってみなければわからないなと思いました。

とても厳しい世界だと思っていたフリーランスWebデザイナーの仕事も、やってみると意外と大丈夫だったという感想です。
私の体感では技術レベルで言えば制作会社で2~3年仕事をしていれば十分戦えるレベルです。

会社や周囲の人は必要以上に不安を煽るので、踏み出すのに勇気が入りますが実際にフリーランスをしている人に現状を聞いてみて判断するのが一番確実です。

まとめ

会社員とフリーランス、両方のメリットとデメリットを比べて自分が仕事においてどこに価値を感じているのか把握すると、自分にとってどちらが良いのか判断することができます。また、働いているうちに自分の技術も向上し考え方が変わってくることもあります。
現段階で「フリーランスなんて絶対ムリ!」と思っていても、意外とやっていけたりするものです。

masaca

周りが決めるんじゃなく自分自身で選択することが大事だね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA