Webデザインが学べるコミュニティを作りました!

Webデザイナーがフリーランスになるには何年かかる?実体験を語ります

masaca(@masaca_dApps)です。

Webデザイナーがフリーランスになるまで何年くらいかかりましたか?という質問はよく聞かれます。
私の周りでは3〜5年ほど会社員デザイナーとして経験を積み、フリーランスになった人が多いです。

私自身は5年ほどでフリーランスになりました。
フリーランスとしてはそれ以上経過しており、すでに会社員時代よりフリーランスの方が長くなりました。

会社員からフリーランスWebデザイナーになるまで、どのようなスキルを身につけたのか私が経験したことを時系列で解説していきます。

masaca

いきなりフリーランスという人もいるけど、会社員のメリットはたくさんあるよ。

制作会社1年目のスキル

私はスクールを卒業後、Web制作会社に入社しました。
デザイン未経験の私が半年でWebデザイナーになるまでにやったこと 一年目はとにかく細かい仕事をたくさんこなして、それを確実に仕上げて少しずつ実践的なスキルを身につけていきました。

基礎的なデザイン・コーディング力

仕事を通して基礎的なデザイン・コーディング力は1年で身についたように感じます。
更新作業やバナー制作、簡単なページや下層ページのコーディングをとにかく毎日こなしました。

この頃はとにかく自信がなかったので、デザインやコーディングをビビりながらやっていたことを覚えています。

仕事と並行して自己学習もしており、以下の本はデザインの基礎を身につけるのにとても役に立ちました。

※上記の書籍に関しては最新のものを紹介しています。基礎を身につけるのにオススメです。

制作会社2年目のスキル

2年目くらいから、ひとつの案件をデザインからコーディングまで全てまかせてもらえるようになりました。
デザイナーとして会社内でまだまだですが、独り立ちできました。

デザイン力の向上

これまでは自信のなさから、無難でキレイなデザインやスケジュールに間に合わすために置きに行ったデザインになっていましたが、この頃から少しずつ遊び心やトレンドを意識したデザインをするようになりました。

整理されたWebサイトは見やすくて良いのですが、人の感情に訴えかけるデザインや文章についてよく考えるようになりました。

安定したコーディング力

コーディングは数をこなすだけ成長していきます。各種ブラウザ対応や、デバイスごとの表示なども含め安定したコーディングができるようになりました。

制作会社3年目のスキル

3年目も引き続き案件をこなしていくのですが、大型案件を複数手がけるようになりプレッシャーも増していきました。
また、デザインに関してもワンパターンになりがちな点を克服できました。

デザインのバリエーション力

案件は男性女性問わず、年齢層もバラバラなものが多かったのでどんなテイストにもある程度対応できるように、デザインのバリエーションの引き出しを増やすことができました。

特定のテイストのデザインをとにかく真似していって感覚を掴む作業を繰り返しました。

デザイン・コーディングスピードのアップ

単純にこなせる量を増やすために、スピードアップを意識しました。
デザインやコーディングは数をこなすほど、良くあるパーツやコードの使い回しもできるため効率化ができるようになります。

ここぞというときにデザインの時間が取れるように、単純な制作物の場合は短時間で終わるようにオリジナル素材を組み合わせていました。

案件の管理能力

大規模案件を複数抱えるようになったため、常に短いスパンで締め切りが発生するようになりました。
仕事の優先順位をつけ、何をどこまで終わらせればスケジュール通りに終わるのか考え、遅れのないようにしました。

納期を守るメリットは大きいです。周囲の信頼を得ることができる一番簡単な方法です。

制作会社4年目のスキル

4年目からは管理職になり、プレーヤーであると同時にデザイナーへ案件の割り振りや、採用を担当するようになりました。
同時に制作に時間が取れないモヤモヤも抱えることになりましたが、人のサポートや教育などは貴重な経験になるのではと考え頑張ってみることにしました。

苦手だったコミュニケーションスキルについても、少しずつ成長しはじめました。

チームの管理能力

チーム全体の案件の管理をし、ディレクターやエンジニアとスケジュールの交渉をしたりする中で管理能力が向上しました。
どの案件をだれに振るなどはその人の特性に合わせて考え、遅れていたりトラブルが起こった場合のサポートすることでデザイナー間のコミュニケーションを学びました。

新人教育

私自身もデザイナーですが、デザイナーという職業の人はなかなか一般には理解しづらい特性を持っていたりします。

技術や仕事の進め方を教えるにも大変な苦労がありました。
なんどもぶつかり合いながら、どのような伝え方をすれば相手にわかってもらえるだろうと考えるキッカケになりました。

この経験はのちに講師をするときにとても役に立ちました。

Webデザイナーの採用面接

Webデザイナーの採用の決定権を持てたことは、とても貴重な経験でした。
これまで受ける側だった面接を逆の立場で経験できたことで、面接の際にどんなことが重要なのかがわかるようになりました。

しかし、面接でその人の能力や人柄を見抜くというのはなかなか難しく奥が深いものでした。
チームの人数も限られているため、失敗すると大変なことになってしまいます。
【就職・転職】Webデザイナーの面接対策!私がデザイナーに質問していたこと

制作会社5年目のスキル

5年目になってから、このまま会社にいても成長できないのでは?という不安を感じるようになりました。
もっと自分のスキルを伸ばせる環境や働き方を考えるようになり、退職してフリーランスになりました。

それと同時に、これまでの経験で自然とWeb業界の人脈ができていたことに気づきました。

Webデザイナーとしての人脈

人脈というと大げさですが、自社のディレクターやエンジニアやデザイナーも5年もいると、何人も入れ替わります。
もともと会社で付き合いのある人たちが、別の制作会社・広告代理店やシステム会社にいくことになるので「フリーランスになるなら、仕事をまわすよ?」
と何人も声をかけてくれました。

会社内での信頼はこういうときに活きてきます。周囲には常に感謝の気持ちを持っておいたほうが良いですね。

フリーランスになることを意識しはじめてから、Web系の勉強会や交流会に顔を出すようになりました。
社内での評価しか受けたことがなかったので、自分のスキルがどの程度通じるのか確かめることもできます。

これで安心!Webデザイナー初心者が勉強会で気をつけておきたいこと

出会った人たちに自分の実績を見せると、概ね好評ですぐに仕事につながりました。
会社員時代に人にわかりやすい実績があると大きな武器になります。

まとめ

私はこの程度の経験とスキルを持って、フリーランスになりました。
あまり自分に自信があるタイプではなかったので時間がかかりましたが、早い人は2〜3年でもできるはずです。

仕事を獲得するために重要なものは、「これまでの人脈」と「実績」でした。
会社員時代から強く意識すればフリーランスもはじめやすいので、参考にしてみてくださいね!

masaca

あとは踏み出す勇気だね。以外となんとかなるもの!
デザイン未経験のWebデザイナーがアシスタント業務から正社員になるまでの流れ 長く続けてもWebデザイナーの仕事は楽しい?実際に10年以上続けたこの仕事の楽しさについて Webデザイナーの仕事内容を徹底解説!会社のタイプによる違いも紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA