Webデザインが学べるコミュニティを作りました!

【仕事の受注から納品まで】フリーランスWebデザイナーの基本的な仕事の流れ

masaca(@masaca_dApps)です。

これからフリーランスを目指しているWebデザイナーの方は、実際の仕事の流れがどのようなものなのか気になると思います。

「仕事を受ける」→「見積書を出す」→「請求書を出す」ということだけ理解しておけば、あとは制作に集中するだけです。
はじめてフリーランスをされる方は慣れていないと思いますが、とても簡単です。

基本的な仕事の流れを把握して、フリーランスWebデザイナーがどのように仕事を受けて完結させているのか参考にしていただければと思います。

masaca

仕事の流れがわかれば、あとは制作に集中するだけ。

仕事の受注

フリーランスWebデザイナーの仕事の種類

まずは仕事を受けるところからスタートです。フリーランスWebデザイナーが受ける仕事の例として、「Webサイトデザイン」、「コーディング」、「CMS構築」、「アプリUIデザイン」、「イラスト制作」、「ロゴデザイン」、「印刷物・パンフレット制作」などです。

総合的に頼まれることもあれば、デザインだけ、コーディングだけ、など制作の一部を仕事として依頼されることもあります。
得意な部分に特化して仕事をしているフリーランスも多いので、上記のうち1〜2つ得意なものがあればフリーランスとして活動できます。

masaca

自分の得意分野を活かして仕事をしよう。

仕事の受注先について

仕事の受注先はできるだけ多く確保しておくと収入を安定させることができます。
主な受注先として「クライアント直請け案件」、「独立前に働いていた会社」、「代理店やWeb制作会社」、「クラウドソーシング」があります。

「クライアント直請け案件」が一番やりがい・収入面で好条件になりやすいですが、フリーランスをはじめたばかりで人脈がないうちは「独立前に働いていた会社」、「代理店やWeb制作会社」の仕事がメインの収入源になります。

私ははじめは全く人脈やコネクションがなかったので、クラウドソーシングで最低限の収入を確保しつつWebの交流会・勉強会に顔を出し、代理店やWeb制作会社の方と知り合い一緒に仕事をするようになりました。

昔と違いクラウドソーシングの条件は良くなってきており、時給1600円以上〜の継続案件でコーディングのみや、LPのみ、バナー制作のみ、などの案件も多いのでフリーランスのスタート時は本当に助かりました。以下のサイトは一番利用していました。

フリーランスの収入を安定させるコツは、一つの仕事先に依存せずに「代理店やWeb制作会社」、「クラウドソーシング」を上手に分散させることです。
私の場合は仕事の受注先として10社ほどお付き合いがあるため、安定的に仕事を確保できています。たくさんの受注先があると仕事が重なった場合、条件の良いものを選ぶことができます。

masaca

最低限の収入源と仕事先の分散で安定させることができるよ

見積書を提出する

Misocaで簡単に見積書が作れる

仕事を受注する際に、クライアントに対して「制作した場合、このくらいの制作費がかかりますよ。」という作業内容と金額を記載した「見積書」を提出します。
こちらが提出した見積書の金額にクライアントが納得すれば、正式に仕事を受注し制作に取り掛かります。

見積書の作成は「Misoca」が便利です。見積書や請求書を知識がゼロでも無料で簡単につくることができます。
フリーランスをはじめたときから現在まで、私がずっとお世話になっているサービスです。

制作物の納品

問題なく制作が完了したら、納品をします。Webサイトであればサーバーにアップロードした時点で完了です。
「代理店やWeb制作会社」、「クラウドソーシング」の仕事は制作物の納品で完了するので、その後の管理は不要です。
「クライアント直請け案件」の場合は、保守や運用の月額契約を結んで継続的に収入を得ることが可能です。

請求書を提出する

Misocaで見積書を請求書に変換できる

制作物を納品し終わったら、クライアントへ請求書を提出しましょう。
見積書の作成と同様に「Misoca」を使えば見積書をそのまま請求書に変換できるので、ボタン一つで完了します。

入金は翌月か翌々月になることがほとんどです。報酬を得るまでにタイムラグがあることを考慮して、予算の管理をしましょう。

masaca

いつお金が振り込まれるのか、仕事を開始するタイミングで覚えておいたほうがいいね。

まとめ

フリーランスのWebデザイナーの仕事の流れは「仕事の受注(仮)」→「見積書作成(受注確定)」→「制作物の納品」→「請求書の提出」です。
この流れを繰り返して、生活を成り立たせています。書類に関しては「Misoca」で特に知識がなくても簡単につくれてしまいます。

この部分ができてしまえば、あとは制作会社でやっていたときと同じようにWeb制作を行うだけです。
時間や場所にとらわれることなく自由に働けるようになります。もちろん大変なこともありますが、とても楽しいですよ!

masaca

フリーランスWebデザイナーのサイクルはこうしてみると、とてもシンプルだね。
【まずはこれだけでOK】フリーランスWebデザイナーになるために準備しておくもの一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA