Webデザインが学べるコミュニティを作りました!

WebデザイナーはWebディレクターになることを目標にしなくても大丈夫!

masaca(@masaca_dApps)です。

Webデザイナーのキャリアを考えた時に、将来はWebディレクターにならなければいけないと思っていませんか?

そもそも人見知りだから、淡々とPCでデザイン作業がしたくてWebデザイナーになりたいと思ったのではないでしょうか。

私は人見知りなので制作会社でデザイナーをしていた頃、大きな予算を動かしプロジェクトに関わる人たちをまとめ、スケジュール管理をしながら指示を出すなんてことを考えただけで不安になりました。

しかし実際に働いてみて、デザイナーは必ずしもディレクターを目指さなくて良いことがわかりました。
今はWebデザイナーの制作スキルは幅広いので技術を高める方向に進んでキャリアアップが可能です。

masaca

人見知りのデザイナーにとって、クライアントと話したり電話を取るのはほんとに苦手。

Webデザイナーの上位職がWebディレクターではない

これからWebデザイナーを目指す人でよく勘違いされているのが、WebディレクターになるにはWebデザイナーの経験をしないとなれないのでは?と思われていることです。

これは事実とは異なります。実際はWebディレクターはデザイナー、プログラマの制作スキルは一切無くてもなることができます。
もちろんデザイナーやプログラマの経験を経てディレクターにキャリアチェンジする人もいますが、必須ではありません。

私のかつて所属していた大手制作会社のディレクターは誰もデザインやプログラマのスキルを持っている人はいませんでした。
なぜなら、ディレクターに求められるスキルはデザイナーやプログラマに求められるものとは全く違うからです。

Webディレクターの仕事内容と仕事の流れ

ディレクターに求められるスキルは、主にコミュニケーション能力と適切なスケジュール管理です。クライアントや社内向け資料作成のスキルも求められます。

  • STEP.1
    クライアントとの打ち合わせ
    クライアントと打ち合わせをします。先方の意図を汲み取りWebサイトの方向性についてヒアリングや提案をします。公開スケジュールと予算についてまとめます。
  • STEP.2
    Webサイトの構成・ワイヤーフレーム・仕様書作成
    ヒアリングした内容を元に成果を上げるWebサイトの構成を考えます。どのようなページやコンテンツが必要なのか、デザイナーに渡すワイヤーフレームやプログラマに渡す仕様書を作成します。
  • STEP.3
    制作スタッフとの打ち合わせ
    デザイナーやプログラマーに制作するWebサイトについての説明と技術的に可能かどうかや、スケジュールを確認します。
  • STEP.4
    予算管理
    打ち合わせによる仕様変更などで、予算を上回ったりする可能性があるため予算内に収める構成にしなおしたり、クライアントに予算の相談をします。
  • STEP.5
    スケジュール管理
    クライアントへの素材準備の手配やデザイナーとプログラマのスケジュールを作成し、予定通りに進むように管理を行います。
  • STEP.6
    テスト・公開
    Webサイトの公開前に各種ブラウザ検証、文章校正を行い本番サーバーへ公開します。
  • STEP.7
    Webサイトの管理・運用
    公開後はWebサイトのアクセス解析を行い、定期的にクライアントへ報告・今後の提案をします。

Webディレクターの仕事の詳細を知りたい方は以下の書籍がオススメです。実制作に基づいた内容になっています。
私もフリーランスになってディレクションをするようになりましたが、本の内容を元に仕事を進めています。

WebデザイナーとWebディレクターでは職業の適正がちがう

職業としてデザイナーに適正がある人は、性格的にディレクター業務をすることに大きなストレスを感じる人も多いと思います。
ディレクターの仕事内容を見ればわかるように、デザイナーと求められるスキルが全く違うからです。

もちろんデザイナーからディレクターに転身して、上手くいっている人もいます。本心で将来はディレクターになって大きな案件を手掛けたい!と思っている人は挑戦してください。しかし周りの雰囲気でやりたくないのにやらなければいけないのであれば、一度よく考えてみてください。

私は無理にデザイナーからディレクターになり、精神的に追い込まれ退職した人や転職した人をたくさん見てきました。

masaca

素晴らしいデザイナーがディレクターもできるとは限らないんだ。

Webデザイナーとして制作のスペシャリストを目指す

現在Webデザイナーに求められるスキルは幅広いです。Webサイトのデザイン、アプリのUI/UX、HTML/CSS、javascript、CMS構築と多岐に渡ります。
全て高いレベルでこなせる人はほとんどいません。その人が得意なひとつ、または複数のスキルを持った人が分業して制作をしています。

デザイナーとしてどれかひとつのスキルを身につけた上で、さらに他の技術を身につけたらとても強いです。
複数のスキルを身につけたデザイナーは案件によってポジションを変えることができるようになる(あるときはデザインだけ、あるときはコーディングだけ等)のでどの会社にいっても重宝されます。

そしてそれはフリーランスになったときに絶大な効果を発揮します。

masaca

複数のスキルを持ったデザイナーはフリーランスで受けきれないほど仕事があるよ。

まとめ

WebデザイナーからWebディレクターを目指さないといけないわけではありません。
もしあなたがディレクターに対して不安や迷いがあるなら、Webデザイナーのスペシャリストとしてスキルを高めるキャリアも考えて見てくださいね。

masaca

自分の適正にあったキャリアを考えよう。得意なことを伸ばしていくことが自分の価値を高めるよ。
Webデザイナーの将来性が不安な初心者の方へ、現役のデザイナーが答えます 長く続けてもWebデザイナーの仕事は楽しい?実際に10年以上続けたこの仕事の楽しさについて 【職業・働き方・ツール】Webデザイナーに関するよくある質問と答え

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA